あなた自身になることはあなたの命からのギフト (山口県周南市の隠れ家カウンセリング・セラピー)

12月17-18日タッピングタッチ基礎講座A感想

先日、12月17日は山口県周南市にて、

12月18日は高知県高知市(@愛進学院)でタッピングタッチ基礎講座をしました。

 

ステキなステキなみなさまがほっこり。

笑顔が溢れる。

 

潮騒をイメージして

 

陽だまりをイメージして

 

やさしく自分を大切にしながら、

 

タッチする。

 

タッチしてもらう。

 

私達は1人ではない。

 

ただそれだけのこと。

 

タッピングタッチは地球のための全体性を持ったホリスティックなケアだと言われる。

 

この種まきを続けていこう( ´ ▽ ` )ノ

気軽に講座依頼がありましたら、お声をおかけくださいませ。

 

講座の感想です。

◯ すごくリラックスできた時間をすごしました。心があたたまる。きもちよかったです。

 

◯やわらかな気持ちが広がるイメージです。

 

◯手と指があたたかくなってきたのがよかったです。肩の緊張がゆるんだ感じがします。

 

◯暖かくってとてもゆるみました。シンプルなほどすばらしいとあらためてわかりました。今日はありがとうございました。

 

◯身体がぽかぽかしてあたたかくなった。リラックスして気持ちがよかった。

心は脳だと思っていたが人と人の間にもあるのかもしれないなと思った。

 

◯やさしく自分にタッチすることに最初すごく抵抗感が湧きましたが、終わってみるとホッとして体があたたまりました。ありがとうございました。

◯もともとだいじょうぶぅ(7歳女児)

 

◯自分の背中がこんなにあたたかいとは思わなかった。相手をイメージしながら、タッピングするとよい。

 

◯体はぽかぽか。手はジンジン。体の中がよろこびでゆれてる〜。

 

この講座でいただいた収益はネパールでの震災支援活動のボランティアに役立てさせて頂きます。募金活動にご協力いただきまして、ありがとうございました。

 

f:id:beyourself119:20161222124958j:image

f:id:beyourself119:20161222125042j:image

f:id:beyourself119:20161222125107j:image

 

次回のタッピングタッチ基礎講座A は周南市 岐山公民館にて、1月14日に9:30-11:30の予定です。

受講費は1000円(再受講 500円)

定員は先着10名

 

お問い合わせは

be-yourself1@hotmail.co.jp

Facebookにて(o^^o)

 

みなさまのご参加をお待たちしております。

 

一口500円の海外ボランティア募金の景品も新作追加しております。

見に来てくださいませ。

f:id:beyourself119:20161222130253j:image

 

12月17-18日 タッピングタッチ基礎講座A IN 周南市 と 高知市のご案内

師走でちょっと気ぜわしい中ですが、少しゆっくりしたい。

ペースを取り戻したい。

 

ちょっとしたことだけで、幸せ体感度はグンとあがります。

こころも体もあったかい冬を☆彡

 

ご都合のつく方、タイミングの合う方、タッピングタッチ講座でお待ちしております

 

タッピングタッチとは、指先の腹のところを使って、左右交互に、軽く弾ませるようにタッチすることを基本としたホリスティック(統合的)でシンプルなケアの手法です。
簡単な技法でありながら、「不安や緊張が軽減する」、「肯定的感情が高まる」、「信頼やスキンシップが深まる」などの効果があり、対人援助においてとても役立ちます。簡単なので、子どもや障害のある人でもできるうえ、専門的な利用が可能なため、心理、教育、医療、看護、介護など、様々な分野での利用が広がっています。
ゆったりとしたペースでケアし合うことで、こころと体の緊張をほぐし、本来の明るさや優しさをとりもどし、みんなで仲良く生活することの楽しさを思い出させてくれます。多くの人たちが学び、日常生活と専門分野での利用が広がることによって、個人、家族、コミュニティ、そして地球全体の健康が促進されます。

 

 

日時:2016年12月17日(土)10:00~12:00
講座名  : タッピングタッチ基礎講座A in 山口県周南市
会  場 : 岐山公民館(住所:山口県 周南市徳山5649)
講  師 : 杉山百合俊(タッピングタッチ認定インストラクター・臨床心理士
対  象 : 癒されたい方・元気になりたい方・お仕事で活用したい方
定  員 : 先着 10名
参加費用 : 1000円(資料代・認定書代含む)*高校生までの参加者は無料。お子様連れの参加 歓迎いたします。

収益の一部はネパール震災支援に活用させていただきます。

 

日時:2016年12月18日(日)13:00~15:00
講座名  : タッピングタッチ基礎講座A in 高知県高知市
会  場 : 愛進学院(住所:高知市愛宕町2-16-22)
講  師 : 杉山百合俊(タッピングタッチ認定インストラクター・臨床心理士
対  象 : 癒されたい方・元気になりたい方・お仕事で活用したい方
定  員 : 先着 15名
参加費用 : 2000円(資料代・認定書代含む)*高校生までの参加者は無料
      収益の一部はネパール震災支援に活用させていただきます。
申込方法 : ysugiyaman@hotmail.co.jp

 

お申込方法 : ysugiyaman@hotmail.co.jp かFacebookのメッセージにて。

 

f:id:beyourself119:20161214065646j:plain

大好きなこと

Be Yourself♪で決めていること。

 

すばらしいセラピーをすること。

 

すばらしいセラピーとは、相手の声を聞くこと。

 

こちらの私利私欲や人間関係の都合が影響しないこと。

 

何故かあのことを思い出す。

セラピーは大好きだ。

あの家庭は改善した。

感謝もされた。

優しさと嬉しい出逢いで溢れていると思った。

 

その後、私は知り合いのセミナーにその人の家族ごと紹介した。

 

私のセラピーに比べて、そのセミナーはとても高額だった。

 

私を信頼し、無理して参加しただろうセミナー

 

以降、そのクライアント様と全く連絡が取れなくなった。

明らかに避けられていた。

謝りたかった。

 

私はざわついていたのだ。

紹介していいのだろうかと。

 

嫌なことは、するものではない。

本当に信用できる人にしか、大切なクライアント様を紹介できない。

 

私は決めている。

 

私は私の関係性の為に、誰かを犠牲にしないと。

 

それはBe Myself♪になれない。私は他の事はもうしたくない。

 

審美眼とマッチングの感覚を磨く。

私を信用してくれる人のために。

 

私は誰かのゲートにもなりうるのだから。

 

そして、私を通り過ぎたからといって、自己責任だと、手放しには言い放てない。

 

それは、私が大好きなセラピーをし続ける為に、欠かせない感覚なんだ。

 

f:id:beyourself119:20161213103926j:image

 

 

 

ネパールへボランティアへ

今月26日から1月6日まで、ネパールの小中学校に文房具を直接届ける為にボランティアをしてきます。

f:id:beyourself119:20161205015557j:image

f:id:beyourself119:20161205015737j:image


現地の学校でお互いのタイミングが合えば、タッピングタッチと色鉛筆を使ったアートセラピーをしたいなぁと、思っています。
http://www.tappingtouch.org/?p=415
http://l.facebook.com/l.php

 

アートセラピーイメージ図>

f:id:beyourself119:20161205015219j:plain

その時、現地の子ども達にあげる色鉛筆を揃えたいので、一口500円の募金をしていただける方はいないでしょうか?
(今時点で、アートセラピーをするかどうかは確定していませんが、色鉛筆配布は確定しています)
募金してくださった方には、Yurizoストラップをお好みの色を差し上げます。
一個500円で何口でもよいですが、数に限りがありますので、在庫がなくなり次第終了にしたいと思います。
送料はこちらで負担しますが、振込料はご負担くださいませ。
振込先はご連絡いただいた方にのみお知らせいたします。

 

Yurizo
○ ラインナップ
1 くるみボタン直径38mmー白布地
ストラップ 直径24mm (カッコ内は背景色)
2 あおぞうちゃん (青)
3 そらぞうちゃん (水色)
4 さくらちゃん (さくら色)
5 ピンクちゃん(マゼンタピンク)
6 ハロぞうちゃん(ハロウィン仕様のオレンジ)
7 白ゆりぞうちゃん(白)
8 黒ぞうちゃん(黒)

 


私まで
個数、色、住所をメッセージをくださるか、私に会いましたら、直接お声をおかけくださいませ。
直接会えた方には、感謝の気持ちを込めて、タッピングタッチくらいしちゃるよ^o^
現地での活動報告はまた、ご連絡させていただきます。
よろしくお願いします。

心理士になっても。

昔っから、どうでもいいことで悩む。

 

石橋を叩いても渡らなかったり、こんなに広い世界を自分で狭めたり。

 

人の評価とか、自分をダメだしし過ぎて、ダウンしたり、

 

様々な心のクセがある。

 

心理士になって経験を重ねてきても、それはさほど変わらない。

 

ただ、毎日、クライアント様や私の周りの現実が鏡となり教えてくれる。

 

コツコツとこれに向き合う。

これが私の心理士としての修行、リアルな自己研修。

 

目立ったことをしなくていいから、そこに留まって呼吸するだけでもいいから。

 

悩み事は、どうやらこのまま尽きなそうだ。だったら、潔く向き合おうか。

 

問題は未だにあるが、その態度は決して病んではいない。むしろ、心は晴れやかだ。

 

私はどうやらこの人生で偉大な人にも完璧な人にもならない。

 

だけど、自分の悩みにはコツコツ向き合い、自分というものをそこそこ扱える人にはなれると思う。

 

f:id:beyourself119:20161130232228j:image私はそんな心理士にはなれると思う。

 

 

 

 

学校からの問題の伝え方

学校で先生の保護者への関わり方について相談にのることもあります。

 

生徒さんが学校で問題を起こした時は、先生方も保護者に伝えねばならず、学校も関わりの対応をお願いすることもあります。

 

現実を認識することは大切ですが、問題点だけを伝えるのではなくて、生徒に関わって、よくなってきたこと、よい印象、などを伝えてたり、行動の背景にある気持ちを意見交換し、どうサポートするか共に考えてはどうでしょうか?

 

私には、先生と保護者さんが話した後、保護者さんがお子さんを不信と不安なままで関わると、関わり事態が薄く、肯定的なものにはなりにくいのかなぁと思います。

 

俗に周りの期待どうりに子どもがなりやすいという、ピグマリオン効果というものもありますし。

 

ましてや、保護者さんには、子ども達に寄り添う頼もしい味方であって欲しいわけだから。

 

思うことを何でも言っていいと聞いてもらえる環境があり、周りの大人達から信用されている子ども達って伸び伸び健康に育つイメージがしませんか?

 

逆にピンチな時は、そんな環境作りを見直すチャンスなんじゃないかと思います。

 

f:id:beyourself119:20161103105808g:image

 

 

静かに

話すのも、

 

観るのも、

 

聞くのも、

 

感じるのも、

 

一雫

 

一元で、私は静かにそこにいるのが一番心地よい。

 

本当は隔たりなんてなくって。

 

渦の中心へ。

 

我らの心は向い。

 

しばらくすると想いは溢れ、

 

その想いが、精霊たちに、心の奥底に

 

心地よいものならば。

 

想いは空高く。

 

叶うのかなぁ。

 

そんな気がした夜。

 

私が今日、耳にしたこと、感じた人々、クライアント様、皆様が護られますように。

f:id:beyourself119:20161028232235j:image